家庭教師の賢い使い方を知らなければ利用する価値は無い

on 2014年8月17日 by

家庭教師サービスはマンツーマン指導が基本となりますので、賢く利用するならスケジュールを立ててもらうことが重要になります。例えば受験を控えているなら、志望校への受験対策を1ヶ月・半年・1年間でどのように進めていくのかなどです。また学校の成績が良くないのであれば、苦手科目をどのように克服していくのかを分析してもらわなければいけません。

派遣されてくる先生の多くは「大学生」ではありますが、お金を支払っている以上、責任が発生します。また内容が乏しいと判断できれば派遣会社側の評判にも関わってきますので、細かいスケジュールを先生にお願いしても全く問題は無いと言えるでしょう。なぜなら先生が対応できないと判断できれば、会社側のスタッフと先生が話し合い、ベストな答えを用意してくれるからです。

ただし家庭教師サービスも万能ではありません。使い方を間違わなければ効率的に学力は上がるでしょう。しかし1週間で学校の成績を飛躍的にアップさせることは不可能ですよね。また第1志望に受かる可能性が極めて低い中、1・2か月で合格させて!という願いは叶えられないと言えます。

まずは余裕を持った利用(期間設定)及び賢い先生の使い方を理解してから、家庭教師にお子さんの勉強を指導してもらいましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>